機械保全技能士の合格率や難易度や年収【資格取得する方法がわかる!】

機械保全技能士の合格率

 

機械保全技能士は、機械メンテナンスの知識・技能があることを証明するための国家資格になります。

 

特級・1級・2級・3級の4種類があって、学科+実技試験に合格する必要があります(3級が一番カンタンで実務経験も必要なし)

 

ザックリとした合格率↓

 

  • 特級 20〜30%
  • 1級 15〜35%
  • 2級 25〜40%
  • 3級 65〜80%

 

機械保全技能士の資格がなくてもメンテナンス作業はできますが、転職時にどのくらい技能があるか証明できるので有利になります。

 

逆をいうと定年退職まで同じ会社で保全業務をするなら、機械保全技能士の資格はいらないですね( ̄▽ ̄;)

 

企業によっては出世・昇進のために、機械保全技能士の取得をさせるケースもあれば、資格なんて必要ないって会社もあります。

 

 

機械保全技能士の合格率・難易度は?

 

特級 1級 2級 3級
平成29年 21.3% 15.8% 25.4% 66.1%
平成28年 27.7% 37.8% 40.1% 81.0%

 

※学科・実技試験の両方を受けた人の合格率

 

学科のみ、実技のみを受けた場合は「+10%」くらい合格率がアップします。

 

 

機械保全技能士の難易度ですが、3級は実務経験が必要ありませんし、合格率も65〜80%と高いので、マジメに勉強すれば合格します。

 

2級以上になると難易度がグッと上がります。それでも2級は25〜40%、1級は15〜35%の人が合格するので、難易度はそこそこレベルと言えます。

 

 

3級は実務経験が必要ないので、就職活動を有利に進めるために在学中にとる学生もいます。

 

しかし2級以上は社会人になってから取得することになるので、仕事をしながら資格勉強をしないといけません。

 

工場勤務の設備管理はきついし給料が安い」でも書いてますが、設備保全職はトラブルがあったら夜中でも呼び出されます。

 

なので仕事が終わったら、クタクタで勉強する気が起きなかったりするんですよね(汗)

 

 

機械保全技能士の受験資格は?

 

実務経験年数
特級 1級合格後5年以上
1級 7年以上
2級 2年以上
3級 0年(問わない)

 

工業高校の機械・電気・機械工学科などを卒業してる。

 

高専・短大・専修・大学・大学院で、工学・機械工学・電気工学科などを卒業してると、受験に必要な実務経験が短縮されます。

 

例えば機械保全技能士2級を受ける場合、ふつうなら2年以上の実務経験が必要です。

 

しかし工業高校・短大・高専・大学・大学院で、機械・電気系の学部を卒業してれば、実務経験が0年でも2級を受講できます。

 

 

受講料は学科4000円、実技15400円、両方で19400円。

 

第1回試験は6月〜8月ごろ、第2回試験は12月〜2月ごろ(詳細は3月、9月に発表)

 

ただ2019年7月現在の情報なので、くわしくは機械保全技能士の公式ホームページをみてください。

 

試験方法・試験時間・合格基準・過去の試験問題など公開されてますヽ(´▽`)/

 

 

機械保全技能士の給料・年収は300〜800万円

 

機械保全技能士の給料

 

機械保全技能士の年収は300〜800万円くらいになります。

 

中小企業だと資格を取っても昇給しないこともあるし、大企業なら給料がドンドン上がりますヽ(´▽`)/

 

資格うんぬんじゃなくて、零細・中小・中堅・大企業かで年収に差が出ると思ってください。

 

会社によって残業が多い・少ない。休日呼び出しが多い・少ないとバラツキがあるので、それによって給料にも差が出ますよ〜

 


 
【スポンサードリンク】