危険物取扱者の年収はいくら?乙4類の資格を取得してる人へ

危険物取扱者乙4類の年収

 

「危険物取扱者乙4類の年収っていくら?」

 

私ヤマトは工業高校卒で、学生時代に危険物取扱者乙4類の免許を取りました。

 

就職後に危険物の免状を使うことはなかったのですが、コレから資格取得を目指す人。

 

すでに免許を持ってて、別の仕事をしてたけど、転職で危険物取扱者の資格を生かそうと考えてる人のために年収を調べてみましたヽ(´▽`)/

 

 

危険物取扱者の年収

 

危険物取扱者乙4類の給料明細

 

危険物取扱者の平均年収は350〜600万円と言われてます。

 

ただコレは入社した会社にもよるのでバラツキがあります。

 

  1. 工場
  2. 販売所
  3. ガソリンスタンド
  4. タンクローリー運転士
  5. ビルメンテナンス

 

 

この中でも年収500万円を超える可能性があるのは、大企業に転職して危険物取扱者の資格を生かしたときくらいです。

 

高校の工業化学科で頭がいい人は、三菱・住友・三井化学のような化学メーカー。

 

JX日鉱日石エネルギー・東燃ゼネラル・出光・昭和シェル・コスモ石油などの製油所に就職できることがあります。

 

このような大手化学・石油メーカーに転職することができれば、高卒の危険物取扱者でも年収500万円を狙えます。

 

ただこの場合は、危険物取扱者としての仕事以外にも、製造ラインのオペレーター業務をする必要がありますけど(むしろそっちがメイン)

 

 

危険物取扱者の仕事内容

 

危険物取扱者乙4類が扱えるガソリン

 

危険物取扱者乙4類の仕事内容は↓に書いた3つになります。

 

ザックリ言うと危険物の取り扱い・保守管理・点検・運搬をするのが仕事になります。

 

 

  1. 危険物の取り扱い
  2. 保守管理・点検
  3. タンクローリーの運転

 

ガソリン・軽油・灯油・重油・アセトン・メタノールなどの危険物は乙4類で取り扱えます。

 

逆をいうと有資格者以外は危険物の取り扱い・保守管理・点検ができません。

 

なのでガソリンスタンドはもちろん、危険物を製造する化学・石油メーカーには乙4類の有資格者が必要になります。

 

 

またガソリン・軽油の輸送で使われるタンクローリーは、危険物取扱者の資格保持者を乗せないといけません。

 

なので危険物取扱者乙4類の免状があれば、ガソリンスタンド、化学・石油メーカー、タンクローリー運転士の転職に有利になるわけです。

 

ちなみに乙4類に合格してれば、一部科目テストを免除して1、2、3、5、6類を受けれるので、1〜6類まで全部持ってる友達もいました。

 

 

危険物取扱者は合格率が高い資格

 

危険物取扱者乙4類の有資格者

 

先ほど書きましたが、私ヤマトは工業高校在籍時に危険物取扱者乙4類を取りました。

 

就職に有利だから取得しようと思ったわけではなくて、半強制的に先生に受けさせられました。

 

電気科だと電気工事士2種を受験するように、化学工学科では授業中に危険物取扱者乙4類の勉強をします。

 

なにが言いたいのかというと、乙種4類は持ってる人が多いということです。

 

 

たしかに危険物取扱者を持ってれば就職・転職に有利にはなります。

 

ただ合格率30%の国家資格なので、そこまで難しいわけじゃないんですよね…

 

工業高校の生徒の中にはやる気がない人もいますから、ガチで勉強してる人だけでテストをやればもっと合格率は高くなるはずです。

 

 

危険物取扱者乙4類を持ってれば、たしかに就職・転職には有利ですけど、めちゃくちゃ有利ってほどじゃない。

 

っていうのが私ヤマトが伝えたかったことです。

 

 

危険物取扱者乙種4類の年収まとめ

 

ポイント

  • 平均年収は350〜600万円
  • 化学・石油工場、ガソリンスタンド等で働ける
  • 危険物の取り扱い・管理・点検が仕事
  • 合格率30%なので有資格者は多い

 

危険物取扱者乙種4類の平均年収は350〜600万円です。

 

大企業なら給料は高くなりますし、ガソリンスタンド・タンクローリー運転士なら400万円以下もありえます。

 

ガソリン・軽油・エタノールなどの危険物の取り扱い・管理・点検が仕事になります。

 

 

工業高校在籍中に試験を受けるため、乙4類の資格を持ってる人はけっこう多いです。

 

なので就職・転職に有利といえば有利なんですが…決め手となるほどではないというのが本音ですね( ̄▽ ̄;)

 

ただペーパードライバーと同じで、免許を取っただけで実務経験がない人が多いので、ガチで資格を生かして働くならオススメと言えます\( 'ω')/

 

製造業の仕事をまとめました↓

 

製造業の職種一覧と工場の仕事まとめ


 

おすすめ転職エージェント

工場勤務を辞めたい男性


「いますぐ会社を辞めたい!」といういう気持ちはわかりますが、焦って転職先を選んで後悔しないためにも、しっかりと職探しをすることが大切です。

職探しの方法としてパッと思いつくのはハローワークでしょうが、わざわざ職安まで行かなくても、ネットで調べれる転職サイト・転職エージェントがあります。

その中でも転職エージェントは給料・待遇が良い求人が多く、スタッフの手厚いサポートも受けることができます。

そんな転職エージェントの中から、工場勤務をしてる私ヤマトが、実際に登録したサイトを独断と偏見でご紹介します。

最低でも一つは登録すべきですし、余裕があるなら複数登録することをオススメします♪

工場ワークス




ほかの転職サイトはデスクワークが多めなので、工業系の求人は少ないです。

その点、工場ワークスは工場転職に特化してるので「いまからデスクワークの仕事はちょっと…」という方におすすめです。

同じ工業系でも会社によって給料は違いますし、仕事内容・作業環境・人間関係も違うので、いまの工場に不満がある人がよく利用してます。

求人数は27000以上と工場転職の中では国内最大。大手企業の正社員求人もあるので年収アップもできますよ〜

⇒工場ワークス公式サイトはこちら

リクルートエージェント


リクルートエージェント

リクルートは就職・転職を支援する企業で、リクナビの転職活動バージョンが、リクナビNEXTになります。

リクルートエージェントの求人量は日本でもトップクラス。そのうち90%が登録者だけが見れる非公開求人です。

またリクルートエージェントに登録すると、リクナビNEXTのサービスも利用できるので登録の手間が省けます。

業界最大手だけあって登録企業数がダントツなので、転職活動をするなら登録は必須かと^^

⇒リクルートエージェントの口コミはこちら

マイナビエージェント




リクルートエージェントほどではありませんが、マイナビエージェントも大手なので安心感があります。

大手だけあって求人数も多いですし、キャリアアドバイザーの質が高くて対応が良いので、転職活動がスムーズにいきます。

またマイナビエージェント利用者の8割が書類審査を突破してますので、なかなか面接までたどり着けない方におススメです。

⇒マイナビエージェント公式サイトはこちら

パチスロで工場転職の給料より稼ぎたい人へ


スロットのジャグラーを打つ人


ジャグラーで月収40万円稼いだ方法はこちら