工場の品質管理職はきついから辞めたい

工場の品質管理システム

 

品質管理職とは「製品のチェック」をするだけの仕事になります。

 

工場勤務といえばキツイ・汚い・危険と言われますし、油まみれになりながら、汗だくで働くのがふつうです。

 

しかし品質管理の仕事は、完成した商品をチェック・検品するだけなので、めちゃくちゃ楽勝ですww

 

 

ただ不良品を見逃してしまうと大問題になりますし、責任を取らされることになるので神経を使います。

 

また同じ作業の繰り返しなので、精神的なストレスが溜まり、うつ病寸前になる人もいます( ̄▽ ̄;)

 

そこで今回は工場勤務の品質管理職がきつい理由を、辞めたい人向けに解説していきます。

 

 

品質トラブルやクレームがあった時が大変

 

工場の品質管理職のクレームで落ち込む人

 

先ほど書いたとおり品質管理の仕事は、工場勤務にしては珍しく肉体労働ではありません。

 

またお客様にお届けする商品を検査するので、製造現場のように汚い場所でチェックすることもありません。

 

なので「楽そうだから」という気持ちで、品質管理の仕事を選ぶ人が多いのですが、働いてみてデメリットに気付くこともしばしば( ̄▽ ̄;)

 

 

ぶっちゃけ人間が見てる時点で、100%不良品をなくすことって出来ないんですよ…

 

なので不適合品に気付かず、そのまま出荷してしまい、あとからクレームがきて怒られることがありますね。

 

食品会社のように問題が発生したら、自社で回収することもありますので。

 

ニュースで大きく取り上げられると、ブランドイメージが悪くなってしまいますので、大企業ほど品質トラブルに厳しいです。

 

 

わたしが働いてる工場では、ニュースで取り上げられるほどの品質トラブルはありませんが、もしあったら担当者はヤバいでしょうね( ̄▽ ̄;)

 

上司にはボロカスに言われますし、責任を取らされてクビになる可能性もあります。

 

会社をクビにならなかったとしても、精神的ストレスでうつ病になる可能性もありますので、どうしても神経をすり減らしながらチェックするようになります。

 

 

品質管理職が責任を取らされる

 

食品工場の品質管理チェックをする人

 

会社によりますが、ベルトコンベヤーで流れてきた商品を検査するだけってところもあります。

 

完成品を入念にチェックする時間があれば良いのですが、1日に100個以上検品するため、丁寧にやりすぎると上司から怒られます。

 

雑にやって不良品を見逃しても怒られるし、入念にチェックしてると上司から遅いと怒られます。

 

 

品質管理の仕事は「楽だけど、責任を取らされる」ので、責任がない現場作業員に転職したいって人もいます。

 

私ヤマトは某メーカーの製造オペレーターとして働いてますが、責任のある仕事はしたくない派なので、仕事が楽だったとしても品質管理の仕事はしたくないです( ̄▽ ̄;)

 

アルバイトなら品質トラブルがあったとき、責任を取って辞めたらよいですが、結婚して子供もいる正社員だったらそうもいきませんので…

 

「定年退職までずっとやり続けるような仕事じゃないよなぁ…」と個人的には思いますね。

 

品質管理以外の仕事はこちら

 

製造業の職種一覧と工場の仕事まとめ

 

品質管理の仕事は単調で飽きる

 

工場勤務の品質管理で飽きる人

 

同じ商品を何個も、何個もチェックする業務なので、どうしても飽きてきます。

 

いまどき人間の目だけでチェックする工場はありませんので、機械と人間によるダブルチェックになります。

 

なので基本的には不良品ってないんですよ。あったとしても事前にロボットが省いてくれるので。

 

 

同じことの繰り返しすぎて、集中しないといけないと思いつつも「あ〜眠い」とあくびをしながら働くことはよくあります( ̄▽ ̄;)

 

ルーティンワークあるあるですが、時間がぜんぜん経過しないってのもありますね。

 

あっ、一つ言い忘れました。品質管理の仕事は、製品を作るわけではないので、やりがいはまったくないです。

 

 

品質管理トラブル後の再発防止策が大変

 

品質トラブルで怒られる部下

 

不良品に気付かず、あとからクレームがきて、不良品回収・在庫破棄・リコールすることになった場合、再発防止策を提出する必要があります。

 

「どうすれば今回のようなミスをなくせるのか?」を延々と考える必要があり、品質トラブル報告書を提出しても、上司の目の前で破り捨てられることもあります。

 

 

品質トラブルが発生したときに怒られて、対策を出しに行っても怒られて、しまいには仕事とは関係ない人格否定までされて…うつ病に/(^o^)\ナンテコッタイ

 

有名な大企業でもリコールをなくせないのに、中小企業で品質トラブルを100%防止するなんて出来るわけがない…マジ辛い。会社行きたくない。

 

厳しい会社だと品質トラブル後に、毎日のように残って会議をして、対策案を考えさせられることもあります(下手すると半年、1年かかることも。ブラックすぎワロタw)

 

 

肉体労働のブルーカラーに比べると、工場の品質管理は楽ですが、品質トラブル発生時のことを考えると現場作業員の方が楽ですね( ̄▽ ̄;)

 

それか工場勤務からデスクワークに転職した方が、仕事も楽なままをキープしつつ、責任を減らせるので良い方法だと感じますヽ(´▽`)/


 

おすすめ転職エージェント

工場勤務を辞めたい男性


「いますぐ会社を辞めたい!」といういう気持ちはわかりますが、焦って転職先を選んで後悔しないためにも、しっかりと職探しをすることが大切です。

職探しの方法としてパッと思いつくのはハローワークでしょうが、わざわざ職安まで行かなくても、ネットで調べれる転職サイト・転職エージェントがあります。

その中でも転職エージェントは給料・待遇が良い求人が多く、スタッフの手厚いサポートも受けることができます。

そんな転職エージェントの中から、工場勤務をしてる私ヤマトが、実際に登録したサイトを独断と偏見でご紹介します。

最低でも一つは登録すべきですし、余裕があるなら複数登録することをオススメします♪

工場ワークス




ほかの転職サイトはデスクワークが多めなので、工業系の求人は少ないです。

その点、工場ワークスは工場転職に特化してるので「いまからデスクワークの仕事はちょっと…」という方におすすめです。

同じ工業系でも会社によって給料は違いますし、仕事内容・作業環境・人間関係も違うので、いまの工場に不満がある人がよく利用してます。

求人数は27000以上と工場転職の中では国内最大。大手企業の正社員求人もあるので年収アップもできますよ〜

⇒工場ワークス公式サイトはこちら

リクルートエージェント


リクルートエージェント

リクルートは就職・転職を支援する企業で、リクナビの転職活動バージョンが、リクナビNEXTになります。

リクルートエージェントの求人量は日本でもトップクラス。そのうち90%が登録者だけが見れる非公開求人です。

またリクルートエージェントに登録すると、リクナビNEXTのサービスも利用できるので登録の手間が省けます。

業界最大手だけあって登録企業数がダントツなので、転職活動をするなら登録は必須かと^^

⇒リクルートエージェントの口コミはこちら

マイナビエージェント




リクルートエージェントほどではありませんが、マイナビエージェントも大手なので安心感があります。

大手だけあって求人数も多いですし、キャリアアドバイザーの質が高くて対応が良いので、転職活動がスムーズにいきます。

またマイナビエージェント利用者の8割が書類審査を突破してますので、なかなか面接までたどり着けない方におススメです。

⇒マイナビエージェント公式サイトはこちら

パチスロで工場転職の給料より稼ぎたい人へ


スロットのジャグラーを打つ人


ジャグラーで月収40万円稼いだ方法はこちら