工場勤務で有利になる国家資格や技能講習や特別教育まとめ記事一覧

フォークリフト運転士の資格を持つ人

「フォークリフトの種類ってどんなのがあるの?」「フォークリフト運転士の免許を取ったら全部乗れるの?」このような疑問を持つ、工場・倉庫会社で働く人向けの記事になりますヽ(´▽`)/運転するために必要な資格として、フォークリフト運転士の特別教育・技能講習があります。免許証の種類によって乗れるフォークリフトが決まるわけではな...

特定化学物質作業主任者が取り扱う危険物

特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者の合格率は約95%以上です。2日間の講義中にテスト問題で出る部分を言ってくれますので、先生の話を眠らずに聞いてれば余裕で合格できます。玉掛け・ガス溶接・フォークリフトなどの特別教育・技能講習と同じで、よほどのことがないかぎり落ちることはありませんのでヽ(´▽`)/ほかの国家資格の...

アーク溶接の資格を取得した男性

「溶接の資格にはどんな種類があるの?」「合格率や作業内容を知りたいんだけど…」溶接は金属を溶かしながら、つなぎ合わせることをいい、工場勤務・建設現場で働いてる人の多くが必要となる資格です。某製造メーカーで働いてる私ヤマトも、ガス・アーク溶接は取得させられましたから(汗)そこで今回は↓の溶接資格についてご紹介します。ガス...

機械保全技能士は、機械メンテナンスの知識・技能があることを証明するための国家資格になります。特級・1級・2級・3級の4種類があって、学科+実技試験に合格する必要があります(3級が一番カンタンで実務経験も必要なし)ザックリとした合格率↓特級 20〜30%1級 15〜35%2級 25〜40%3級 65〜80%機械保全技能士...

プレス機械作業主任者の資格は合格率が90%以上です。2日間の講習+修了試験があるだけなので、危険物取扱者の国家資格のように事前に勉強する必要はありません。フォークリフト・アーク溶接・玉掛け技能講習のような感じで、誰でも合格する難易度の低い資格です。会社のお金で受講しに行く場合、2日間ラクできると思って会場に行きましょう...

【スポンサードリンク】