プレス工はきついし給料が安いから辞めたい(;・∀・)

プレス加工をするブルーカラー労働者

 

「プレス加工はきついのに、年収250〜400万円だから将来性がない…」

 

プレス加工は材料を機械にセットしてボタンを押すだけなので、立ちっぱなしですが、肉体労働ってほど大変ではありません。

 

同じことの繰り返しで、単調なルーティンワークに飽きてくるため、集中力をキープするのが難しいですね( ̄▽ ̄;)

 

大企業ならまだしも、中小企業だと20代では年収300万円以下、40代以上のベテランになっても300〜400万円なので給料は安いですね…

 

 

プレス工は同じことの繰り返しで飽きる

 

プレス加工をする工場勤務者

 

プレスやシャーの機械を操作して、金属板の曲げ・打抜き・切断・絞り・押出し・型打ちなどをするのがプレス工です。

 

人力で加工するのではなくて、材料をプレス機にセッティングしてボタンを押すだけなので、50代のおじさんでも作業できます。

 

重い材料をセットする会社だと、手が疲れてくることがありますが、基本的には体は楽な仕事だと思ってください。

 

 

同じことの繰り返しなので飽きてきます。

 

夜勤のときは頭がボーっとしてくるので、セットした鉄板がズレてて、不良品を出してしまい怒られることもしばしば…

 

休憩時間までずっと同じことの繰り返しだし、翌日も、翌々日も、定年退職まで一生同じ作業だと思うと気が遠くなりそうです。

 

溶接工の仕事はきついNC旋盤工はきついフォークリフトの仕事はきついでも書いてますが、製造業はルーティンワークなのが辛いところです。

 

 

またオフィス街のデスクワークと違って、製造メーカーでは災害はつきものです。

 

手が挟まれないように機械を改善してる会社が多いですが、不注意で指を挟むと大ケガになるので注意が必要です。

 

 

金属プレス工は油臭くなる

 

プレス加工で油臭くなった男性

 

製品にもよりますが、潤滑油を使うと全身が油臭くなります。

 

マスクをしてても、慣れないうちはきついですし、どうしても体に油がかかるので、お風呂に入ってもニオイが取れません( ̄▽ ̄;)

 

ブルーカラーあるあるですが、油臭いニオイのままデートに行って、恋人に嫌な顔をされることがあります(汗)

 

 

またプレス機械で金属をガシャンガシャーンと曲げたり、穴あけ加工をするときは爆音が鳴るので、耳栓は必須になります。

 

ずっとパチンコ店にいるようなモノなので、工業用の耳栓をしてても耳が遠くなったり、難聴気味になってるおじさんはいますね…

 

オフィス街のデスクワークに比べると作業環境が悪いので、ホワイトカラーから転職するとビックリするでしょうね。

 

工場内にはエアコンが効いてないので、夏場の暑いし、冬場は寒いので、そのあたりも面食らうと思います。

 

製造業は作業環境が悪い!

 

製造業の職種一覧と工場の仕事まとめ

 

プレス加工はきつい まとめ

 

プレス工のメリット・デメリットについてまとめます。

 

  • 同じことの繰り返し
  • 機械がやってくれるので楽
  • 基本的に立ち仕事
  • 平均年収は250〜400万円
  • ケガをする危険がある
  • 油臭くなる
  • 難聴になる恐れがある
  • 作業環境が悪い

 

同じことの繰り返しなので、ルーティンワークが苦痛な性格だときついです。

 

機械が金属加工するので体は楽なんですが、立ち仕事なので足はだるくなってきますね。

 

中小・零細企業・町工場だと平均年収は250〜400万円なので、将来性はイマイチ( ̄▽ ̄;)

 

 

プレス工は機械に挟まれたり、巻き込まれることがあるので、デスクワークよりケガする可能性が高くなります。

 

また油臭くなったり、難聴になったり、作業環境が悪いのは製造メーカーあるあるですね…

 

こういうのがイヤって人は、工場勤務からデスクワークに転職した方が良いですね〜


 
【スポンサードリンク】


data-ad-client="ca-pub-5970736705796675"
data-ad-slot="9733329109"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">