工場勤務の設備管理はきついし給料が安い【深夜の呼び出し】

工場勤務の設備管理職

 

「工場の設備管理は深夜・休日呼び出しがキツイ…」

 

 

大手製造メーカー・中小企業によっては、ラインオペレーターと設備管理職を分けてるところがあります。

 

生産部門のライン工は操業だけやって、トラブルで機械が故障したら設備管理職に電話して修理してもらうわけです。

 

24時間操業してる工場だと、深夜にトラブルが発生することもあるので、その場合は夜中に電話で起こされて出勤することになります。

 

また休日に出かけてるときでも呼び出しがあるから、旅行に行ってても気が気じゃないと言います( ̄▽ ̄;)

 

 

工場の生産管理部門は設備管理をしない

 

工場勤務のラインオペレーター

 

工場の生産部門・設備管理が分かれてる会社だと、ラインオペレーターはメンテナンスをしないことが多いです。

 

機械が故障しても「設備のことはわからない」と言って、修理が完了するまで手伝いすらしません。

 

中には「会社の機械がどうなろうが関係ない」という感じで、雑に操作をする人もいるんですよね( ̄▽ ̄;)

 

 

ルールが厳しい大企業だと、ライン工は勝手に設備に手を出せないところもあります。

 

深夜に電話呼び出しがあって、急いで行ったら、ボルトがゆるんでただけと言うこともありました。

 

「こんなの見たらわかるじゃん、自分で締めてくれよ〜」ということもありますので。

 

 

工場長は設備管理に厳しい

 

設備管理を怒る工場長

 

機械が故障しないかぎり、設備管理部門は出番がありませんので、コストダウンのために人員を減らしてる会社が多いです。

 

しかしいざトラブルが発生したら、少ない人員で修理することになるので、一人あたりの負荷が大きくなります。

 

 

工場の生産管理職はきついでも書きましたが、製造メーカーは厳しいノルマがあります。

 

機械の故障でラインが止まると、生産がストップするので、納期遅れが発生することも…

 

そうなるとお客さんからクレームが入るので、「1秒でも早く直せ!」と工場長に叱られます。

 

早く直すために焦ってケガしたら災害になり、余計に怒られてしまうので、安全かつスピーディーに修理する必要があります。

 

安全第一と言いつつ、トラブルがあったら操業優先なので、「言ってることが違うよな…」と思うこともしばしば( ̄▽ ̄;)

 

 

事前に不具合を見つけて「亀裂が入ってるから、早めに部品交換しないとヤバいです」と工場長に言っても、定期修理工事を組んでくれません。

 

「メンテナンスのために機械を止める=生産ラインがストップ」するため、生産量を確保するために部品の交換を先延ばしにするんですよね。

 

そのわりに設備が故障したら文句を言ってくるわけですから…上司じゃなかったらぶん殴ってますよ。

 

 

工事の設備管理は生産部門より給料が安い

 

設備管理職の給料明細

 

保全部門は製品を作ってるわけじゃないので、直接は会社の利益になりません。

 

なので生産部門よりも給料を安く設定してる会社があります。

 

たしかに商品を作ってるわけじゃありませんが、機械が故障したら生産も止まるわけで…なんだかモヤモヤします。

 

 

それに設備管理職は、トラブルがなければ夜勤がないので、交替勤務手当もつきません。

 

なので生産部門に比べると、50万円以上も年収が安いことがあります。

 

会社によっては呼び出し・休日出勤手当が出ることもありますが、基本的には給料は安いと思っておいた方が良いです。

 

現場作業員の仕事内容↓

 

製造業の職種一覧と工場の仕事まとめ

 

工場の設備が故障したら呼び出しがある

 

設備トラブルが発生した工場のライン

 

工場の設備管理職の人が、一番辛いのが深夜・休日呼び出しです。

 

寝てたら夜中の3時に「設備が故障したから出てきて欲しい」と呼び出される。

 

飲み会で酒を飲んでると言っても「タクシーに乗ってこい!」と言われたこともあります。

 

 

携帯電話がない時代は、外に遊びに行けば連絡がつかないので、休日呼び出しから逃れることができました。

 

しかし現代はスマホがあるので、旅行先だろうが関係なしで呼び出しがあります。

 

家族サービス中に電話呼び出しがあって子供に泣かれた。

 

急な呼び出しが怖くて、下手に予定を入れれないという人もいます。

 

 

プレス工溶接工の仕事・NC旋盤工はきついと分かってても、電話呼び出しを考えたらラインオペレーターが良いと感じます。

 

設備管理職の仕事は好きだけど、呼び出されるのが嫌すぎて、生産部門に異動したり、転職した先輩もいましたから( ̄▽ ̄;)


 

おすすめ転職エージェント

工場勤務を辞めたい男性


「いますぐ会社を辞めたい!」といういう気持ちはわかりますが、焦って転職先を選んで後悔しないためにも、しっかりと職探しをすることが大切です。

職探しの方法としてパッと思いつくのはハローワークでしょうが、わざわざ職安まで行かなくても、ネットで調べれる転職サイト・転職エージェントがあります。

その中でも転職エージェントは給料・待遇が良い求人が多く、スタッフの手厚いサポートも受けることができます。

そんな転職エージェントの中から、工場勤務をしてる私ヤマトが、実際に登録したサイトを独断と偏見でご紹介します。

最低でも一つは登録すべきですし、余裕があるなら複数登録することをオススメします♪

工場ワークス




ほかの転職サイトはデスクワークが多めなので、工業系の求人は少ないです。

その点、工場ワークスは工場転職に特化してるので「いまからデスクワークの仕事はちょっと…」という方におすすめです。

同じ工業系でも会社によって給料は違いますし、仕事内容・作業環境・人間関係も違うので、いまの工場に不満がある人がよく利用してます。

求人数は27000以上と工場転職の中では国内最大。大手企業の正社員求人もあるので年収アップもできますよ〜

⇒工場ワークス公式サイトはこちら

リクルートエージェント


リクルートエージェント

リクルートは就職・転職を支援する企業で、リクナビの転職活動バージョンが、リクナビNEXTになります。

リクルートエージェントの求人量は日本でもトップクラス。そのうち90%が登録者だけが見れる非公開求人です。

またリクルートエージェントに登録すると、リクナビNEXTのサービスも利用できるので登録の手間が省けます。

業界最大手だけあって登録企業数がダントツなので、転職活動をするなら登録は必須かと^^

⇒リクルートエージェントの口コミはこちら

マイナビエージェント




リクルートエージェントほどではありませんが、マイナビエージェントも大手なので安心感があります。

大手だけあって求人数も多いですし、キャリアアドバイザーの質が高くて対応が良いので、転職活動がスムーズにいきます。

またマイナビエージェント利用者の8割が書類審査を突破してますので、なかなか面接までたどり着けない方におススメです。

⇒マイナビエージェント公式サイトはこちら

パチスロで工場転職の給料より稼ぎたい人へ


スロットのジャグラーを打つ人


ジャグラーで月収40万円稼いだ方法はこちら