塗装工の仕事はきついし給料が安いから辞めたい

塗装工がきついから辞めたい男性

 

「塗装工の仕事はきついから辞めたい…」

 

ペンキ塗装をするのでマスクを装着してますが、それでも刺激臭があって、気分が悪くなってしまいます。

 

シンナーのような有機溶剤を吸い込んで中毒症状をおこす危険もありますし、そこまでいかなくても頭がズキズキと痛くなることはありますね( ̄▽ ̄;)

 

 

プレス工のように機械に挟まれたり、電気工事士のように感電したり、溶接工のように火傷災害にあうことはありませんが、デスクワークの仕事に比べると塗装工も危険です。

 

とび職に比べればマシですが、ペンキ塗装の入った缶は意外と重いので腰痛になることがありますし、高所作業もあるので危険度も上がります。

 

 

塗装工の仕事はペンキまみれになる

 

塗装工はペンキで汚れる

 

塗装工の仕事をやってると服に塗料がつくのは日常茶飯事ですし、作業着を洗濯しても汚れは取れないので最初はイヤでしたが、周りの塗装工も同じような服装なので気にならなくなりました。

 

ただ洗濯をする妻からすると大変みたいです。家族の服と一緒には洗えないので、単純に洗濯をする回数が増えますから。

 

人によっては家族の服は全自動で洗って、塗装工の仕事で汚れた服は二層式洗濯機で洗う家庭もあります(置くスペースが必要ですが…)

 

 

塗装工の仕事で着るときの服が汚れてることには慣れましたが、ペンキが顔につくのは勘弁して欲しいです。

 

水性塗装なら風呂場でゴシゴシやれば取れますが、そうじゃない塗料だとシンナーを使わないといけないので( ̄▽ ̄;)

 

また爪に入った塗料は洗っても取れないので、結婚する前に彼女とデートするとき困りました。

 

結婚して年を取ってしまえばどうでも良くなりますが、若者にとってはペンキが体につくのはイヤだと思います。

 

 

塗装工の仕事は夏場がきつい

 

暑い中仕事をする塗装工

 

塗装工の仕事は有機溶剤を使うのでマスク着用は必須です。

 

またペンキが跳ねるので、目に入らないようにゴーグルをして作業しないといけません。

 

暑いからといって半袖で作業してると、腕がペンキまみれになるので、長袖・長ズボンの作業着+マスク+ゴーグルのフル装備なので夏場はヤバいです。

 

 

屋内作業だと熱気やペンキの臭いが充満してヤバいし、屋外だと暑すぎて熱中症になりかけます。

 

冬場も屋外作業は寒くて辛いですが、夏場みたいに暑さでフラフラになることはないのでマシですね。

 

学生時代に野球部やサッカー部のように、暑い中でトレーニングをしてた人ならまだしも、デスクワークの仕事をしてた人が転職したら体がもたないでしょうね…

 

製造業の仕事をまとめました

 

製造業の職種一覧と工場の仕事まとめ

 

 

塗装工は職人気質のベテランが多い

 

職人の塗装工の先輩

 

塗装工の仕事をやってる40〜50代のベテランは職人気質の人が多いので、仕事をあまり教えてくれないことがあります。目で見て覚えろ的な感じで( ̄▽ ̄;)

 

それにも関わらず「やり方が間違ってる」「作業が雑だ」「なにをトロトロやってるんだ!」と怒鳴られます。

 

気の弱い20代の若者はすぐに辞めてしまうので、しょっちゅう塗装工の仕事の求人募集がでてるように感じますね。

 

 

工場勤務はヤンキー上がりのDQN多いから辞めたい」でもかきましたが製造業や建設業は、ヤンキー上がりの先輩が多いので、怒鳴られるのは日常茶飯事ですし、ひどい会社になると殴ってくるDQN上司もいます。

 

塗装工の仕事自体が肉体労働できついのに、人間関係もクソだったら精神的にもストレスでやられますので、合わないと感じたら早めに転職しましょう。

 

 

塗装工の仕事がきついなら転職すべき

 

うつ病になり塗装工を辞めたい男性

 

自動車の板金塗装・建築物の塗装工かで作業環境は変わりますが、基本的なメリット・デメリットは変わりません。ペンキを取り扱うのは一緒なので。

 

なので自分に合わないと感じたなら、製造業の別の仕事をするか、工場からデスクワークの仕事に転職した方が良いですね。

 

とび職・型枠大工・左官・鍛冶工・鉄筋工・瓦屋のような建設業よりは、製造業の方がヤンキー度は下がるし、体も楽になります。

 

 

ただ工場労働者の多くは交替勤務制で夜勤があるので、眠気って意味では肉体的にきつかったりします。

 

一番良いのは工場勤務からデスクワークに転職することなんですが、現場系の仕事からオフィス系に変えるのは勇気が要りますよね( ̄▽ ̄;)

 

20代なら仕事を覚えるのも早いし、未経験者でも採用してもらえるので、決断するなら早い方が良いので、工業系の仕事はイヤって人はデスクワークの仕事に転職しましょう。

 

ハローワークで探しても良いのですが、最近では転職エージェントと言うサービスもありますので、そちらの利用も考えてみてください♪

 


 

おすすめ転職エージェント

工場勤務を辞めたい男性


「いますぐ会社を辞めたい!」といういう気持ちはわかりますが、焦って転職先を選んで後悔しないためにも、しっかりと職探しをすることが大切です。

職探しの方法としてパッと思いつくのはハローワークでしょうが、わざわざ職安まで行かなくても、ネットで調べれる転職サイト・転職エージェントがあります。

その中でも転職エージェントは給料・待遇が良い求人が多く、スタッフの手厚いサポートも受けることができます。

そんな転職エージェントの中から、工場勤務をしてる私ヤマトが、実際に登録したサイトを独断と偏見でご紹介します。

最低でも一つは登録すべきですし、余裕があるなら複数登録することをオススメします♪

工場ワークス




ほかの転職サイトはデスクワークが多めなので、工業系の求人は少ないです。

その点、工場ワークスは工場転職に特化してるので「いまからデスクワークの仕事はちょっと…」という方におすすめです。

同じ工業系でも会社によって給料は違いますし、仕事内容・作業環境・人間関係も違うので、いまの工場に不満がある人がよく利用してます。

求人数は27000以上と工場転職の中では国内最大。大手企業の正社員求人もあるので年収アップもできますよ〜

⇒工場ワークス公式サイトはこちら

リクルートエージェント


リクルートエージェント

リクルートは就職・転職を支援する企業で、リクナビの転職活動バージョンが、リクナビNEXTになります。

リクルートエージェントの求人量は日本でもトップクラス。そのうち90%が登録者だけが見れる非公開求人です。

またリクルートエージェントに登録すると、リクナビNEXTのサービスも利用できるので登録の手間が省けます。

業界最大手だけあって登録企業数がダントツなので、転職活動をするなら登録は必須かと^^

⇒リクルートエージェントの口コミはこちら

マイナビエージェント




リクルートエージェントほどではありませんが、マイナビエージェントも大手なので安心感があります。

大手だけあって求人数も多いですし、キャリアアドバイザーの質が高くて対応が良いので、転職活動がスムーズにいきます。

またマイナビエージェント利用者の8割が書類審査を突破してますので、なかなか面接までたどり着けない方におススメです。

⇒マイナビエージェント公式サイトはこちら

パチスロで工場転職の給料より稼ぎたい人へ


スロットのジャグラーを打つ人


ジャグラーで月収40万円稼いだ方法はこちら