工場の生産管理職はきついし給料が安いから辞めたい(;´・ω・)

工場の生産管理職と作業員

 

「工場の生産管理職はきついのに、年収300〜500万円しかもらえない…」

 

生産管理の仕事内容は、どれだけ商品の作ったら良いか工程管理する。

 

製造コストの計算・納期に遅れないよう出荷・在庫切れや過剰在庫を防ぐ・製品の品質管理などなど。

 

工場ラインの司令官的なポジションをする職業になります。

 

工場勤務の作業員と違って肉体労働はありませんが、精神的にはキツイし給料が安いんですよね…

 

 

生産管理職はストレスが溜まる

 

工場の生産管理職でうつ病寸前の男性

 

工場の生産管理職は他部署に頭を下げて、調整に明け暮れる日々。

 

品質・納期・コスト・法令順守などなど、考えないことが多いのでストレスが溜まります。

 

 

生産現場からは「ノルマが厳しすぎる! 安全第一と言いつつ、生産優先になってる」と文句を言われる(;・∀・)

 

お偉いさんからは「会社の利益を出すために、少しでも多く作ること」と圧力をかけられます。

 

生産現場・経営者と板ばさみになるため、精神的にキツイですね…

 

 

生産量の目標が未達だと、役員からネチネチと文句を言われますし、顧客クレーム対応をする営業からも怒られます。

 

かといって無理な生産計画を立てると、工場勤務の正社員から「納期が短すぎる! そんなに早く作れるわけがない」と言われます。

 

スムーズにいってるときは良いのですが、トラブルによる納期遅れ・不具合があると胃がキリキリしますね。

 

生産管理以外の仕事はこちら

 

製造業の職種一覧と工場の仕事まとめ

 

会社によって生産管理職の仕事内容が違う

 

工場の生産管理職と作業員の男性

 

求人票には「生産・品質管理職」と書かれてたのに、入社してみるとラインオペレーターとして働かされることがあります。

 

「生産管理職=生産ラインで働く人」「品質管理=検品業務」みたいに思ってる経営者もいるので、転職の面接でちゃんと仕事内容を聞いておきましょ〜

 

 

大企業の製造メーカーだと各生産ラインに責任者がいるので、工場に足を運ぶことは少なく、オフィス街のホワイトカラーのような感じで、デスクワーク中心。

 

これが中小企業になると、工場長みたいな感じで現場を見て回る必要があるので、ライン工と同じように夜勤がある会社もあります。

 

生産・品質トラブルがなければ単調な作業になりますので、夜は眠気が襲ってきますね( ̄▽ ̄;)

 

 

会社によっては夜勤なしで、トラブルがあったときだけ、夜中に電話で起こされることもありますのでマチマチです。

 

このあたり工場勤務の設備管理職に似た部分がありますね〜

 

 

生産管理職はコミュニケーション力が必要

 

工場の生産管理職と相談する男女

 

生産管理職は現場オペレーター・営業など、他部署とのやり取りが多いので、コミュニケーション力が必要になります。

 

特に大卒で生産管理職になった場合、高卒ブルーカラーの作業員と話を合わせるのに苦労します。

 

 

現場オペレーターも仕事なので、基本的にはこちらの話を聞いてくれます。

 

しかし無理な納期を要求すると、「そんなの出来るわけがない!」とへそを曲げられることがあります。

 

高卒のライン工が働いてくれないと工場が稼働しないので、オペレーターのご機嫌をとるスキルが必要です。

 

わたしが知ってる人だと、高卒ブルーカラーと話を合わせるために、パチスロを始めたって大卒社員もいますので。

 

 

コミュ障で人と話したり、電話を取るのが苦手な方は、生産管理職じゃない仕事をオススメします(事務職とか)

 

納期・コストダウン・品質管理のストレス+人間関係のストレスがあったら、ソッコーでうつ病になってしまうので( ̄▽ ̄;)

 


 
【スポンサードリンク】


data-ad-client="ca-pub-5970736705796675"
data-ad-slot="9733329109"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">