タンクローリーは給料安いから辞めたい【大型トラック運転手はきつい】

タンクローリー運転手を辞めたい

 

「タンクローリー運転手は給料が安い」

 

「仕事を辞めたい。転職したい。」

 

 

タンクローリー運転手は仕事が大変なわりに給料が安い。年収が頭打ちします。

 

平均年収は450〜600万円と大型トラックドライバーより高くなりますが、仕事の大変さを考えると( ̄▽ ̄;)

 

給油ホースは重いし、コンタミ防止に気を使うし、年間休日が少ないし、サービス残業があるし…

 

タンクローリー運転手を辞めたい。転職したいと考える人は多いようです(汗)

 

 

タンクローリー運転手の給料は安い?

 

  • トラック運転手 年収300〜500万円
  • タンクローリー 年収450〜600万円

 

大型トラック運転手と比較をすると、タンクローリーの方が年収は高くなります。

 

タンクローリーの運転手には「大型自動車+けん引免許+危険物取扱者乙4類」の国家資格必要だからです。

 

 

また液化ガス・石油・ケミカルなどの危険物を運搬するため、交通事故・トラブルがあったら大火災になる可能性がある。

 

これらの理由から、大型トラックドライバーよりも月給・年収が高くなることが多いです。

 

ちなみに同じタンクローリー運転手でも運搬する物が「ガソリン・重油 < LPガス < ケミカル」の順に給料が高くなります。

 

そうは言っても大卒ホワイトカラーに比べると給料は安い。辞めたい人が多いのも無理ないですね(汗)

 

 

コンタミ事故を防止する必要がある

 

フォークリフトでトラックの荷下ろし

 

タンクローリー運転手は大型トラックドライバーのように、フォークリフトでの荷下ろしや荷積みがありません。

 

タンクとタンクをホースで繋いで、コックを開けるだけなので楽チン。

 

 

ただ違ったタンクに混油(コンタミ)させないように気を付ける必要があります。

 

例えば納品先のガソリンタンクに、間違って灯油を入れてしまうと大問題になります。

 

会社に報告をして、納品先のタンク燃料をすべて抜き取り洗浄しないとダメになります。

 

当然ながら上司にめちゃくちゃ怒られますし、始末書を書かされることもあります( ̄▽ ̄;)

 

 

給油ホースが重たい

 

タンクローリーホース

 

タンクローリーの給油ホースはけっこう重たい。

 

「ガソリンスタンドのスタッフも近くにいるなら手伝えや! ボケ!」という気持ちになります。

 

腕だけで持たず、体をうまく使って腰に負担がかからないよう持ちますが、それでも腰痛になることが(汗)

 

 

夏場は暑いし、冬は寒いからホースのつなぎ込みが余計に辛い。辞めたい。

 

違ったタンクに混油(コンタミ)させないように気を付ける必要もありますし、大型トラックドライバーより気を使います。

 

 

年間休日が少なく正月休みがない

 

疲れてるタンクローリー運転手

 

長距離トラック運転手ほどではありませんが、タンクローリー運転手も年間休日は少ないです。

 

公務員の休みは年125日ありますが、タンクローリー運転手の年間休日は100〜110日が多い。

 

ブラック企業なら90日とかありますし、歩合給でやってるからなるべく休まず働いてる人もいます(汗)

 

年末年始・盆・GWも関係なく働くため、自分の時間や家庭を大切にしたい人は辞めたいと感じるようです。

 

 

朝が早く3〜4時起きがふつう

 

睡眠不足のタンクローリー運転手

 

タンクローリー運転手が取り扱う危険物は、積み置き(前の日に積む事)が出来ないため、朝3〜4時出勤が当たり前の世界です。

 

夜の21時には寝て、朝の3時前には家を出ないといけません。朝が弱い人にはキツイ。仕事を辞めたいとなります。

 

(例)片道1時間かかる納品先へ朝7時に納品依頼

 

  • 3時30分 起床
  • 4時 会社の車庫から出発
  • 4時30分 製油所などの積み場へ
  • 5時 順番待ち
  • 5時30分 積込み終了
  • 6時30分 納品先へ到着

 

忙繁期は各社のタンクローリーが順番待ちで並ぶため、遅刻しないように早めに並ぶ必要があります。

 

大きな製油所ならまだしも、2ラインしかないような小さな製油所だと1時間以上待つことも( ̄▽ ̄;)

 

朝4〜16時の12時間勤務がデフォルトで、残業がつかない分はサービス残業扱いとなります。

 

タンクローリー運転手を辞めたい。転職したいって若者が増えるのもムリないですね…

 


 
【スポンサードリンク】